カウンセリングルーム まんま

カウンセリング / コーチングについて

カウンセリングについて

カウンセリングというと「うつ病などの心の病気や、重い悩みをかかえた方が受けるもの」というイメージを持ちやすいかもしれません。

 

そのため「誰かに話しを聞いてもらいたいという程度のことでカウンセリングルームの扉をたたいてもよいのだろうか」と躊躇してしまう人は意外に多いのではないでしょうか。

 

ところが、この考えが心の状態を悪くしている原因の一つかも知れないのです。

 

病気や怪我はひどくすればするほど治るのに時間がかかるので、できるだけ軽い内に治療をしようと思いますよね。実は心のケアも同じなのです。早めにケアすることは、こじらせずに済むということなので、早く気持ちがラクになるということにもなり得ます。

 

「症状が軽い内にかかりつけのお医者さんに」と同様に「誰かに話しを聞いてほしいからカウンセリングに」

というぐらいの気持ちでいたほうが解決への近道かもしれません。

 

カウンセリングルームまんまで私が行っているカウンセリングは、心の病気の方のケアはもちろんですが、病院にかかるほどではないお悩みや、人間的に成長するためのサポートをしていきます。

コーチングについて

一方、コーチングはカウンセリングほど敷居は高くないというイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか。

 

コーチングとカウンセリングの大きな違いは、コーチングは過去の出来事に原因を見つけにはいきますが、その原因を問題として扱うことは一切しません。

 

コーチングでは過去の出来事は自分のリソース(資源)として捉えます。そのことがあったからこそ、これからの自分にどう活かしていけるか。という方向に目を向けていけるようコーチは質問していきます。

 

したがって、自分にとっては一見マイナスと思えることでも、リソースとして見ていくことで、自分はOKなんだと自己肯定感を高めていくことができます。また、自分とは何者なのか、人生の目的探求や目標達成にコーチングは有効です。

 

車に例えるとするなら、カウンセリングは心にかけているブレーキをはずす役割で、コーチングは自己実現に向かうためにアクセルをふむというイメージでしょうか。ただし、人によってはブレーキをはずしてからアクセルをふんだほうが、効果的に自己実現しやすい場合もあります。

 

従って、私の行っているセッションは、カウンセリングとコーチングをはっきり分けてはいません。クライアントの状態に合わせて、今どんな手法が適しているかを判断しながらセッションをさせていただいております。

お申し込み・お問い合せ